女の人

誤解しやすいいぼとウオノメの違いを理解して治療をしましょう

いぼの原因

医者

多くの人の体にあるいぼにはいくつかの種類に分かれています。この種類はウイルス性いぼと、加齢いぼになります。ウイルス性いぼは言葉の通り外部からの細菌などのウイルスによって引き起こされるものとなります。一般的にいぼを作ってしまうウイルスはヒトパピローマウイルスと呼ばれる目には見えないウイルスです。これが傷口や皮膚に付着したりするといぼを形成してしまうのです。ヒトパピローマウイルスはたくさんの種類があり約100種類以上も存在してるとされています。この種類別のヒトパピローマウイルスによって形成されるいぼの形や症状が変わってくるのです。こうした種類や感染経路もウイルスによって様々なものになるため、こうした種類があることをあらかじめ知識として取り入れているといくつかの対策を立てることができ、いぼの予防にも繋がりしっかりとしたいぼ治療が行えるはずでしょう。
もうひとつの種類の加齢いぼは、年齢を重ねていくごとによってできてくるいぼの種類とされています。皮膚の老化や、ターンオーバーが行なわれにくくなり古い角質が残ったままになってしまうことが主に原因とされています。こうした問題は遺伝的も要素も多く含んでいますが、老化は生きている誰もが通る道なのでこうした理由からすべての方にできてしまうといえるでしょう。また、年配の方だけではなく、日中かなりの時間紫外線を浴びてしまう方などは皮膚のダメージが大きいためこうした加齢いぼができてしまうこともあります。加齢いぼは肌トラブルが原因となることが多いため、日頃の紫外線対策やスキンケアを行なうことである程度防ぐことができます。特に日中外に出ることが多い方はもっとも気をつけるべきといえます。こうした対策や予防を行ってもできてしまうのがいぼですので、できてしまった場合は皮膚科や美容外科などでしっかりといぼ治療を行ないましょう。いぼ治療は自分自身でも行えますが、こうした種類に分かれているので自分のいぼの種類を判断するのも専門の医者に任せておくと安心していぼ治療が行えるといえるでしょう。