女の人

誤解しやすいいぼとウオノメの違いを理解して治療をしましょう

効果的な予防

看護師

いぼには、ウイルス感染や加齢によってできてしまうものがあります。自分にできてしまったいぼに合わせていぼ治療を行なうことでそれらは改善させる事ができますが、いぼができてしまう前に予防をすることで不要ないぼを作らなくても済みます。ウイルス感染によってできてしまういぼに関しては、しっかりと手洗いや消毒をしておけば感染する恐れもなくなります。また、いぼがある人に対して過渡なスキンシップを避けておくことでも対策になります。ウイルス感染は他の方にも移ってしまう場合があるため、もし自分がかかってしまったら早めに皮膚科でいぼ治療をすることで被害を最小限に抑えることができるでしょう。また直接のスキンシップ以外でもウイルス性のいぼは感染することがあります。日用品で使うタオルやマットなどにもこうしたいぼのウイルスは付着するので、晴れている日にはマットを干したり、タオルなどは自分専用にしたりしっかり除菌を行なったりすることも予防策としては重要なことといえます。
年齢からくる加齢いぼは、皮膚の老化や劣化といったものが原因のひとつとされています。この加齢いぼの対策として、スキンケアを行ないましょう。日中の外出を控えたり、もし外出する場合にも、日焼け止めや日傘などを使い紫外線を極力浴びないようにすることです。紫外線は肌の老化を進めたり、ダメージを与えやすいものになるためこうした対策を施しておくといいです。また、受けてしまった肌のダメージを回復させるためには十分な睡眠時間を確保することが大切です。睡眠中は肌の細胞が活性化されていて、古い角質から新しい細胞に生まれ変わるターンオーバーが行われているのです。こうした睡眠時間を多く取ることで受けたダメージを減らしていくことに繋がります。食生活の改善も加齢いぼに影響があるため、コラーゲンやビタミン類が含まれた食品を定期的に摂取しておくといいでしょう。いぼ治療は自分で行えるものになりますが、不安がある方は専門外来に行きいぼ治療を行ないましょう。病院でのいぼ治療もいくつかありますので自分にあった治療法を担当医と相談していくべきです。